ブラキシズムを改善して負担のない顎の関節を

ブラキシズムを指摘されて寝ている間に歯ぎしりをするのはやめたい、起きているときに歯ぎしりをする、歯を食いしばるのも治したいと思っている人も多いでしょう。実際は治したいと思って時簡単には治せないと言われています。

マウスピースで顎の負担を軽減させよう

歯ぎしりの治療方法は実は色々とあります。簡単に、そして完全に治すことはほとんどの場合は難しいと言われているのですが治療法は色々とありますので、自分にあった治療方法を選んでその治療方法で改善していけるようにするといいでしょう。

例えば1つ目の方法はスプリント療法です。これは個人の歯型に合わせて作られたプラスチックみたいな素材で作られたマウスピースをつけて、かみ合わせの調整をしていくという方法です。

これによって歯ぎしりが抑えられたり、顎の関節に対しての負担を減らすことができるでしょう。一番一般的な治療方法と言えるのがこのスプリント法になります。そして次に薬物療法です。薬を使って歯ぎしりを改善できるなんて思ってもみなかった人もいるかも知れないのですが、薬を使っても治療は可能です。

ジアゼパム、メトカルパモール等の筋肉の緊張を緩めてくれる薬を使います。これを使うことによってかみ合わせの際に筋肉の緊張をほぐしますので余計な力や負担が掛からないようになります。あまり長期間服用し続けることができない薬なので短期間での治療に使用されます。

スポーツをする際にも無意識に歯ぎしりをしている

日中や寝ているときは大丈夫だけれど、スポーツをしているときに歯ぎしりがひどいという人も意外と多いと言われています。スポーツをしているときは思った以上に強い力を込めて歯を噛み締めているのです。

それ以外にも外傷から歯、口の中の粘膜を守ることもできるので、二つの理由でマウスピースを口に入れるという治療法があります。

ゴムで作られているマウスピースを口の中に入れることによってスポーツの際に力が加わって歯に負担がかかるのを和らげることができるのです。いずれの場合も歯科で相談をするのが一番ですので、自分にあったものを用意できるように歯科で相談してみるといいでしょう。